搾取される側の抵抗

確定申告の時期です

 

今年は 医療費控除 ふるさと納税 外国税 配当金控除と いろいろ申告の必要があるので時間がかかりそう

一番手間取ったのは医療費控除 「医療費のお知らせ」で明細書に換えられるようになったものの 子供の医療費は助成があって金額が全然違う 医療費のお知らせ使えねぇよ

ひらすら領収書を打ち込みましたよ えぇひたすら 平成29年トータルで98件ありました こうしてみると子供の受診件数がかなり多いことが分かる 私は一度も医者に掛からず 無事1年過ごせました 健康万歳

あと今年の4月に家族が増えたけど 普通分娩だったんで 高額療養費制度は適応外 まあ何事もなく出てきてくれたのが一番ですよ

 

株式の損益については年収によって総合課税と分離課税とで還付金に差があるとのことだったので 途中で総合課税の申告に変更 還付金合計額が8000円くらい変わってきた あぶないあぶない 無知って怖いね

しかし 利益に対する国の重税はハンパないよな 僅かな資金を使いリスクをとって 年数%の利益をとりにいくものの そこから国はノーリスクで20%奪っていく ひどすぎるよね 涙が出ちゃう そんなに国から恩恵受けてないよ 金持ちが税金対策に頭を悩ませるのが少し分かる気がする 無配株に投資して税金を先延ばししてもらおうかな