飽和潜水は海上自衛隊で稼げるサブマークの一つ

海上自衛隊 雑記

自衛官は公務員なんで安定した職業の一つです。しかし公務員はいくら働いても俸給が変わらないデメリットがあります。逆にどんなに仕事ができなくても毎月決まった額の俸給がいただけるというメリットもあります。もちろん職場に貢献している人とそうでない人では昇給のスピードに差はあります。ボーナスの査定も変わってきます。業務を改善したり部隊の任務遂行に貢献するなど意識が高く優秀な人材はドンドン昇給していきます。あと仕事ができるできないに関わらず上司へのゴマすりがうまい人も昇給していきます。世渡りが上手な人が得をしていきます。要領が悪い人や変に正直な人は正当な評価が貰えないのは一般企業に限らず自衛隊にも言えます。努力や成果はアピールしなければ誰も気づかないし報われないのです。今回はそんな不条理な世界でも人の評価を抜きに確実に稼げる海上自衛隊の副特技を紹介します。

飽和潜水は副特技

海上自衛官になったら自分の主とする仕事を決めることになります。主特技の事をマークと呼びますが、基本これが決まると自衛官人生ずっとそれをメインに仕事をすることになります。一般企業で言うと、営業、製造、経理、人事、サービスなどの業種にあたります。例を挙げると運用、機雷掃海、航海、通信、電機、ディーゼル、ガスタービン、補給、経理などがメインマーク(主特技)にあります。海上自衛隊に入隊したピカピカの隊員たちは仕事の内容もよく分からないまま、なんの適性検査かすら教えられないまま検査を受けて、結果適正あるなしで自衛隊人生を左右するメインマークを決められてしまいます。そこに異議申し立てを挟む余地はありません。「嫌なら辞めろ」です。しかし抜け道もあります。それがサブマーク(副特技)です。サブマークは名前の通りメインの特技以外の補足的な仕事に位置していますが、一部の特技でサブマークを専門に仕事ができるものがあります。その一つに飽和潜水があります。飽和潜水なんて効きなれない単語だと思いますが、”潜水”とあるとおり潜る仕事になります。

いくら稼げるの?

飽和潜水がどういうものかはとりあえず置いといて、いくら稼げるかを最初に伝えておきます。私が頂いたひと月の俸給が約370万円です。ちなみに私は当時25歳で自衛隊入隊7年目の3等海曹なんのとりえもない所謂どこにでもいる普通の平隊員です。そんな人間がひと月飽和潜水に従事してそれだけの大金を手にすることができました。ちなみに公務員給与法によって自衛官のひと月の俸給は定められていて、最上級の階級である海将であってもひと月にもらえる基本給は117万5千円となっています。そんな下から数えた方が早い低階級の人間が海将の3倍の俸給をいただける飽和潜水とはどんなものかもう少し詳しく紹介していきます。

より深くより安全により長時間

飽和潜水とは簡単に言うと長く深く潜る潜水法です。一般的に人が一日で潜水することができる深さと時間は決まっています。それは時間の経過とともに体の中にガスが蓄積されていくからです。体に溜まったガスが浮上する際に気泡化し減圧症を引き起こし重篤な後遺症を残すことがあります。飽和潜水以外の潜水は体にガスが目一杯溶け込む前に潜水を終え浮上します。なので潜る時間や深さに制限があります。逆に飽和潜水は文字通り体に目一杯ガスを溶け込ませます(ガスが体内に飽和状態)それにより時間と深さの制限をなくして深海での長時間活動を可能としています。もちろん深く潜るためにはスクーバボンベでは呼吸ガスは足りませんし、深海海面まで進出するための大型船やガス供給装置、ダイバーが生活する居住設備など大掛かりな設備を必要とします。飽和潜水を実施している部隊は神奈川に2か所、広島に1か所あります。実施頻度は各部隊年一回の飽和潜水訓練のほか、学生教育や潜水艦救難、航空機救難、海中捜索などの実働に即応できる状態で常時待機しています。

なお歴史上飽和潜水の最新記録を持っているのはアメリカです。

1988年のHYDRA-VIIIでは6人のダイバーが実海面で534メートルの潜水を行い、これが、実海面で行われた有人潜水の最深記録となっている。そして1992年のHYDRA-Xでは、地上の実験施設において、3人のダイバーが701メートル相当までの加圧を行い、これが、あらゆる環境で行われた有人潜水の最深記録である。

                            Wikipediaより抜粋

日本で飽和潜水を実施しているのは海上自衛隊を除くと1983年より参入したアジア海洋株式会社のみとなっています。

自衛隊は、海上自衛隊潜水医学実験隊を中心として、飽和潜水を含む各種潜水技法の研究開発を進めており、1997年には400メートルで40日間の潜水を達成し、2008年5月21日には、潜水艦救難艦ちはや」 (ASR-403) の潜水員が450メートルという日本新記録・世界第2位(当時)を達成している。 

                             Wikipediaより抜粋

370万円稼いだ深度と日数

私が頂いたひと月の俸給370万円は、440mの高圧室で30日の飽和潜水に従事したことによる潜水手当が基本給に乗ったことにより計算された額です。30日間4畳半くらいの広さの高圧室内で男性6名が衣食住を共にします。ダイバーや機器に異常がないか24時間モニタリングされています。食事は3食提供され、洗濯もしてもらえます。刑務所に入ったことはありませんが、自分の意志で外出できない息苦しさは似ているかもしれません。刑務所と違って共同生活を余儀なくされるのは人間関係が良好でないと辛い以外の何ものでもありません。高圧環境による身体的な影響以上に24時間監視、上司との人間関係、減圧終了まで逃げられない監禁状態といった精神的ストレスの方が当時の私には堪えました。そんな30日間の修行の末手に入れたのが370万円です。若さがあった故に耐えられましたが、ひと月まるまるの拘束時間と身体的精神的ストレスに果たして見合う金額かどうかは皆さんの判断にお任せします。若いときの大金は年を重ねてから手にする大金と価値が違うと言われています。所帯を持たない独身の若いうちに挑戦してみる価値はあるかもしれません。

まとめ

公務員は手堅い職業で一攫千金とは無縁だと思われている人が多かったのではないでしょうか?確かに公務員の給料は法律に定められているので、一発当てて大儲けすることは難しいでしょう。しかし紹介した飽和潜水のように破格の手当てをいただける職種もあるといることです。自衛官の手当てに関してはこちらを参照してマークを選択するのも賢いかもしれません。入隊する前から事前に情報を集めておくとあとあと後悔せずに済むでしょう。ちなみに飽和潜水に限らず潜水作業には手当てが付きますので、キツイ潜水訓練に対する見返りはちゃんとあります。同じ自衛官なら手当てももらえない仕事よりすこし体力を使って同僚に言えないくらいの高給を頂く方がよいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました