飽和潜水とは何か?子供でも分かるように説明してみた

大陸棚 飽和潜水
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海上自衛隊員が持つ特技の中に飽和潜水というものがあります。

日本では海上自衛隊を除くと民間企業1社のみが現在でも行われている珍しい潜水法となっています。

今回はこの飽和潜水というものがどんなものなのか子供でも分かるように説明していきたいと思います。

これから自衛官を志望していている方、現職の海上自衛官で潜水士に興味がある方、世界で活躍するオイルダイバーになりたい方など未来のダイバーたちの参考になれば幸いだと思っています。

そもそも飽和ってどういう意味?

飽和潜水の飽和とは体にもうこれ以上のガスが溶けない状態(飽和状態)をいいます。

水に砂糖を溶かしていくとある一定以上の砂糖は溶けけれず沈殿してしまいます。

砂糖だけでなく空気やヘリウムなどのガスも同様に水に溶ける量が決まっています。

人間の体も70~80%は水なのでガスが溶け込める量には限界があるということです。

飽和潜水とは人間の体に限界までガスを溶け込ませた状態で潜水をする潜水方法となります。

なんで体にガスを飽和させるのか?

どんな人間も例外なく安全に潜水をするため一日に潜れる深さや時間はダイブテーブルというもので決められています。

なんで決められているかというと、ダイビング中に体に溶け込んだ窒素などが気泡化して減圧症と呼ばれる悪いことが生じるためです。

スクーバダイビングでは潜った深さや時間から次潜るにはあと何時間休憩したら何メートルで何分潜れるかを計算する必要があります。

一方で飽和潜水は体に限界までガスを溶け込ませるのでスクーバダイビングのように時間を気にしながら潜る必要がありません、しかし減圧症を生じさせないよう非常にゆっくりと浮上するため、スクーバダイビングの浮上と比べとても長い時間を必要とします。

潜る深さで浮上する時間が決まってくるので潜水している時間が長ければ長いほど飽和潜水の方が効率的に作業ができるのです。

深く潜れば潜るほど浮上に長い時間がかかります。

そう考えると浮上時間は一定で潜水する時間に制限のない飽和潜水が深い潜水に向いていることが分かります。

深く長く潜れる

飽和潜水の特徴の一つとしてとても深い所まで長い間潜ることができます。

一般的にスクーバダイビングといわれる空気を詰めたタンクを使用して潜れる最深40mであれば9分程度、深度10mで3時間半程度が目安となっています。

浅い深度の潜水可能時間についてはボンベに入った空気の量に限りがあるので実際には一回の潜水で3時間半も潜っていられないでしょう。

潜れる深さの限界が40mである理由はボンベに充填した空気が原因による、窒素が潜水中人体に有害な影響を及ぼすからです。

それに比べ飽和潜水がより深く潜れるのは呼吸するのに使用するガスが空気でなくヘリウムだからです。

なぜヘリウムなのかというとヘリウムガスはそれ自体が燃えたり、ものが燃えるのを助けたりする成分を含まない安全なガス(不活性ガス)であり、窒素のように人体に悪い影響を与えることがないからです。

さらに言うとヘリウムは存在が確認されている分子の中で2番目に小さいので深く深く潜っても息苦しさが少ないという利点があります。

また深く潜る飽和潜水の場合は呼吸するガスをスクーバダイビングのように持参する(自給気式)のではなく、船上や陸上から供給される(他吸気式)のでスクーバダイビングと比べ格段に長い時間潜水することが可能となっています。

どんな時に飽和潜水するの?

そんな長く深く潜っていられる飽和潜水が活躍する場所を紹介します。

海上自衛隊では

  • 浮上できなくなった潜水艦の救助
  • 墜落した航空機の搭乗員の収容
  • 海に落としてしまったものを探して回収など

アジア海洋株式会社では

  • 海上の建築物作り
  • 海底に配管や通信ケーブルの設置
  • 海上で大きな船を係留するための設備作り
  • ダムの修理 など

日本周辺は大陸棚と呼ばれる200mほどの海底地域が存在します。

一般的な空気を使用したスクーバダイビングではとても潜れる深さではありません。

そのな深い深度で活躍する潜水技術が飽和潜水になります。

まとめ

飽和潜水について説明してきました。

深く所に長い間潜るなんてスクーバダイビングより危険で怖いイメージがあるかもしれません。

しかし実際は潜るのも浮上するのも全部コンピューターで制御されていますし、通信手段も確保されています、非常事態に備えて何重にも安全を確保する装備が準備されていることを考えるとむしろスクーバダイビングより安全といえるかもしれません。

飽和潜水はロボットではなく人の手でしかできない繊細な作業を深海で必要とされる際に行われるものです。

技術の進歩によりロボットの性能はどんどん向上していますが、現状人の手には遠く及びません。

複雑な作業を必要とするときにこそ飽和潜水による人間の潜水が必要となるのです。

今日本で飽和潜水を行っているところは海上自衛隊とアジア海洋株式会社の2か所のみです。

その二つのうちで高校は卒業したけど勉強はちょっと苦手なんです・・という人でも飽和潜水員になれる可能性があるのが海上自衛隊の飽和潜水員です。

私は普通科の高卒で県内でも下から数えた方が早いくらいのレベルの高校でしたが、たまたま飽和潜水部隊のある地方総監部に配属され、運よく潜水員になるのに差し支えないメインマーク魚雷を取得し、上司に恵まれたおかげで飽和潜水員になることができました。

少しでも勉強のハードルが低い海上自衛隊の飽和潜水員を狙うのも一つの手ではないでしょうか。

だからといって海上自衛隊のレベルが低いわけではないことを誤解がないよう断っておきます。

飽和潜水はとても頭を使う潜水です。

飽和潜水員になるまでやなってからずっと勉強していかなければいけません。

そこに高卒大卒の差はありません。

生涯勉強です。

そんな魅力一杯の飽和潜水に少しでも興味を持ってもらえることができれば幸いです。

 

 

関連記事です。

飽和潜水員になるために大切なこと3つ
飽和潜水員になるために大切なことがあります。海上自衛官ならだれでもなれるわけではありません。特に注意が必要なことは自衛隊入隊して間もなく決まるあるものです。最初に間違った選択をしてしまうと永久に飽和潜水員への道が閉ざされてしまいます。この記事が将来の飽和潜水員の役に立つことを願っています。
飽和潜水は海上自衛隊で稼げるサブマークの一つ
海上自衛隊は艦艇勤務ばかりだと思っていませんか?実はあまり知られていない仕事がたくさんあります。その一つに飽和潜水があります。潜水といえば海上保安庁の海猿が有名ですが、海上自衛隊にも潜水士がいます。飽和潜水がかなり手当の良い稼げる仕事だということを紹介します。
飽和潜水
スポンサーリンク
(注意)決してシェアしてはいけない!
shizukaをフォローしちゃダメ絶対!
シズカ@旅するペンギン
タイトルとURLをコピーしました