飽和潜水への道のり~教育課程3つ紹介~

潜水学校 雑記

海上自衛隊は日本で数少ない飽和潜水という方法を用いて恒常的に潜水作業をしている組織の一つです。飽和潜水は潜水艦や航空機の救難作業、海底遺失物捜索など大変ながらも決して欠かすことのできない大切な任務を背負っています。自衛隊の潜水艦が安心して潜れるのは日本に2隻しかない潜水艦救難艦があってこそであり、潜水艦救難を担う飽和潜水員や救難艇があればこそなのです。しかしそんな名誉ある飽和潜水員への道のりは決して楽なものではありません。健全堅牢な肉体の維持はもちろんの事、円滑なチームワーク、潜水技術、潜水機器取り扱いの習熟や知識のアップデートなど日々の絶え間ぬ努力が不可欠となります。海上自衛隊では飽和潜水員になるために3つの教育課程をクリアする必要があります。それからが新米飽和潜水員としてのスタートとなるのです。今回は飽和潜水員になるまでの教育課程3つを紹介していこうと思います。

最初にして最大の難関!「開式スクーバ課程」

潜水の登竜門として「開式スクーバ課程」というものがあります。期間は約2か月、広島県江田島市にある第一術科学校内で教育が行われます。開式スクーバ課程の特徴としてまず最初にその課程を受講するに足る素養があるかの事前検査があります。一例として

  • 30m相当までタンクで加圧され耳抜きができるか
  • 距離25mの潜水
  • 4回以内の浮上呼吸による距離45mの潜水
  • 10分以内で400m完泳(泳法自由)
  • 水深3mにある5kg重りを持って水面に顔を出す
  • フィンを使用し距離25m5kgの重りを運ぶ などがあります。

経験からすると項目下から2番目の”水深3mにある5kg重りを持って水面に顔を出す”のに苦労している人が多いように感じます。30m相当までの加圧されるときの耳抜きはやり方さえ覚えれば鼻をつまんでいればなんとかできるかもしれません、注意したいのは自分のペースではなく加圧するスピードが決められていることです、何回か中断してしまうと落とされてしまうのである程度の練習が必要かもしれません。体調が悪く無理に耳抜きをしてしまうと今度は浮上する際に空気が抜けない恐れがあるため無理な耳抜きは厳禁です。25m無呼吸や45m息継ぎ4回以内についても1発勝負でなくセカンドチャレンジが可能です。練習で出来ていたのであれば心を落ち着ければクリアできないことはありません。怖い教官たちが見ていて緊張するかもしれませんが、脅しているのではなく検査を受ける人の安全を見守っているだけなので周りを気にすることなく検査に集中しましょう。10分以内で400m完泳も細かく刻むと1分で40mのペースで泳げばいいことになりますので、時計を見ながら焦らずペースを守ればなんとかなるのではないでしょうか?余裕のある人は泳法の変更は自由なので体力のある前半はクロールで泳ぎ疲れたら平泳ぎに変更するなど調整するのも方法の一つになります。細かい検査内容については事前に教官に質問しておくとより簡単に合格できる方法が見つかるかもしれません。

一番脱落者が多い通称”錘上げ”については泳ぐのがあまり得意でない人にとってはかなりの難関です。なぜかというと普通のプールで足が付かないことがほとんどないためです。そのため進むことはできても浮くことができない人が多いのが現実ということです。錘上げに必要な技術は速く泳ぐことではなく浮くことにあります。浮くためには肺に目一杯空気を入れて保つことと平泳ぎか巻き足で垂直方向に進む力をかけ続ける必要があります。水泳経験者でもまずやることのないシチュエーションなので水に慣れていない人が落ちるのも仕方がないことかもしれません。アドバンテージがあるとすれば水球かシンクロ選手くらいでしょう。

これらの厳しい事前検査を無事通過することのできた人たちのみがようやく開式スクーバ課程の教育を受けることができます。約2週間でおおまかな潜水基礎知識を頭に詰め込んだのちブール実習、海実習と続いていきます。

今後潜水で生きていく人が進む道「潜水課程」

開式スクーバ課程は入門にして最も精神的肉体的に厳しい教育でした。その教育を経て潜水を生業としたいと思った人たちが希望するのがその次「潜水課程」です。期間は3か月半、場所は同じく広島県江田島市の第一術科学校となります。潜水課程はスクーバ課程と違いすでに教育を乗り切っている人たちの集まりなので、事前検査は少なめです。特徴的な検査を挙げると酸素中毒が起きやすいかどうかの検査があります。潜水課程では開式スクーバ課程より深い深度に潜る機会が多くなり減圧症のリスクが高まります。減圧症の治療には酸素を高圧環境下で使用することが多く、酸素中毒を起こしやすいと減圧症の治療に差し支えることがあるためです。万が一に備え自分の身を守るために必要な検査となっています。

潜水課程はその後より専門的な潜水技術を習得するための大事な基礎教育の場となっています。飽和潜水の基礎となる他吸気式潜水に関する知識や技能の習得や機雷を処分するために作られた非磁性で排気音の少ない半閉式スクーバ潜水器の取り扱いなどスクーバ潜水課程より更に複雑な内容となっています。潜水課程修了後それぞれの希望により飽和潜水員と水中処分員の道に分かれていきます。

~深海へ~より安全により長くより深く潜るために「飽和潜水課程」

飽和潜水員の教育の場は神奈川県の横須賀市にある潜水医学実験隊と呼ばれる海上自衛隊の防衛大臣直轄部隊です、教育期間は約3か月半となっています。私が教育を受けた時は久里浜地区に部隊がありましたが、2013年に田浦地区に移転となりました。教育内容はもちろん飽和潜水に関する歴史や潜水物理、潜水生理、潜水機器に関する知識を習得することになります。飽和潜水は技術を取得する前に十分な知識を蓄えなければすぐさま危険と隣り合わせになるため実地にすら望めないことが分かります。深海に生身で潜るためにはそれだけ多くの知識が必要となるのです。空気のみならずヘリウムと酸素の混合ガスを使用した深海シミュレーションダイブを実施したり、水上での減圧を必要とする潜水を実施するなど様々なシチュエーションにおいて安全に潜水する方法を体験します。教育課程の最期の集大成として数十mの飽和潜水を約1週間ダイバーとしてもテンダーとしても経験したのち終了となります。

飽和潜水は大規模な装置やテンダーなくして実施できないことから、一部のダイバーから”殿様ダイバー”と卑下されることがあります。しかしそれは飽和潜水に関する知識がないことによる単なる誤解や自分の知っている潜水方法に対する奢りでしかありません。目的が違えば方法も変えるのは当然であり、飽和潜水はあくまで潜水方法の一つということです。飽和潜水はより深く長く安全に潜るために考えられた潜水法です。その特徴を生かした業務は多岐にわたります。海上自衛隊では潜水艦や航空機救難、海底遺失物捜索など他の潜水方法では不可能な深度での作業を飽和潜水は可能としています。現在はROVなどの導入により1000m以上の深海での捜索やサンプル採取などが可能となっていますが、数十mから450mまでの海域で細かい作業ができる人の手を使った飽和潜水に代わる手段は現在存在しません。

まとめ

飽和潜水員になるまでの教育課程3つを紹介しました。全部の過程を終了するまで約10か月掛かります。しかしスクーバ課程は年3回、潜水課程は年2回、飽和潜水課程は年1回しかなく、すべての過程をストレートで通過できる人はよほどの幸運がないと難しいです。私自身も教育課程が連接するような経験はなく、一つ一つ教育が終わっては元の部隊に戻って仕事をしつつまた希望を出して教育課程に行けるのを待つの繰り返しでした。最終的に最初のスクーバ課程から2年ほどかけて飽和潜水員になることができましたが、それも運がいい方です。中には部隊の都合に巻き込まれ何年も下手をすると10年近く潜水員になれずくすぶっている人もいました。それでも自分の信念を曲げることなく希望し続け飽和潜水員になることができた人が何人もいます。飽和潜水員になるために必要なことは体力でも知識でもなく一番大切なことは強固な意志であることが分かります。もし飽和潜水に興味を持ったならまず初めにスクーバ課程への希望を出して自分の潜水適正を試してみてはいかがでしょう。

関連記事>>飽和潜水員になるために大切なこと3つ

    >>飽和潜水とは何か?子供でも分かるように説明してみた

タイトルとURLをコピーしました