たたまない収納が楽すぎる!ハンガー収納で洗濯物たたみから解放されよう

家事育児に奮闘中の子育て世代の皆様、毎日の子育てお疲れ様です

今日は3大家事の一つ「洗濯」がテーマです、独身の頃はコスパが悪いんで一人分を毎日洗濯することはほとんどなかったんですが、子供ができると毎日洗濯することになります、食事やら遊びやらでかなり汚れますからね、彼らにとって服が汚れることなんてほんの些細な事、そうです「ちっちゃいことは気にしない、それワカチコワカチコ」的な感じです、はい・・・だいぶ慣れましたよ食事中にこぼさないことの方がレアケースですので、汚れて当たり前精神大事です。

さてそんな彼らの洗濯物を毎日するんですが、これが手順を書き出していくと意外に面倒なんです

「洗って」「干して」「取り込んで」「畳んで」「しまう」

日常的に行っている洗濯には、この5つの工程をこなす必要があります。書き出してみると分かりますが、実に複雑で面倒くさいことを毎日やっているのです。私はニートなんで少しだけ家事に参加しているんですが、洗濯物を畳むのが苦手・・・っていうか時間が掛かり過ぎるところが嫌で嫌でたまらなかったんで、少しでも楽になる方法をGoogle先生に教えてもらいました。

それが「ハンガー収納」です

言葉通りで何一つ難しいことはありません、ハンガーと掛けるところさえあればできる簡単な家事時短法です。家事を楽にするには「やらない」か「だれかにやらせる」この2つしかありません、ハンガー収納はこの場合「やらない」の方に該当します。つまり通常行う工程の一部もしくは全部をやらないということです、今回はハンガーに掛けることで「畳む」「しまう」の2つの工程を「取り込む」段階で完結させ時短に繋げるわけです。

家事を効率化していくには無駄な動きをなくしていく作業が必要です、ハンガー収納は3つの工程を1つにまとめることができるので非常に効率的です。

メリットは

  • 洋服選びが楽
  • 畳みしわがない

デメリットは

  • 重い洋服だとハンガーの跡が付く
  • 広い収納スペースが必要
  • 大量のハンガーが必要
  • ハンガーに掛けられないものは畳まないといけない

確かにハンガーの量は3~4倍に増えましたが、我が家は100均やニトリを利用して安く購入しています、ハンガーってそんな高くない上に壊れやすいものでもないので、滑らないものや肩の出ないちょっといいハンガーを買ってもいいかもしれません。たたむものを0にはできませんが、我が家では4分の1以下にできました。またピンチハンガーを掛けておく場所があるのなら、限りなくたたむものを0にできるでしょう。

それぞれの家の状況(広さ、荷物の量)によりますが、今はキャスター付きや壁掛け、天井に突っ張るものなど様々なタイプの収納がありますので、自分に合った収納が見つかるかもしれません。一度試してみてはどうでしょう、ちなみに我が家はハンガー収納が楽過ぎてもう洗濯物をたたむ生活には戻れません。

楽は悪ではありません

~子育て中の皆様~お子さんとのかけがえのない時間を洗濯物なんかに浪費してはいけません、家事は出来るだけ時短して、できた時間をお子さんのために還元してください。