不器用でも大丈夫、10分でトミカ走行台をDIY

我が家の長男は車が好きです。男子はなんで車が好きなんだろう?娘は全く興味なかったんですが、彼は毎日もトミカを走らせています。最近は電車、特に新幹線にも興味津々。プラレールもいつか買ってあげたいな、私も子供の頃買ってもらった記憶がありますが、たぶん大人になった今でも一緒に遊べる自信があるくらいプラレール好きでした。今年の彼へのクリスマスプレゼント第一候補です。

それは置いといて・・・ネットを見ると立派なトミカのコースが売っています。平面に道路や駐車場、信号機が描かれているものや、ミニ四駆の立体コースみたいなものまで様々、なかには自動で登って行って永遠とコースを走り続けられるものまでありました。

実に楽しそうであります、でも・・・どれもゴイスーに高いんですよ。

私「息子よすまぬ・・・我が家がお金持ちだったら、あんなコースやこんなコースを買ってあげられるのですが、おとうちゃんニートだからお金ないんだよ・・・(涙)」

天の声「逆に考えるんだ!金がないのなら、自分で作って息子を喜ばせればいいじゃないか!」

私「はっ!そうだ泣いていても、始まらぬ愛する息子のために行動を起こすのだ!」

・・・というわけで

物置小屋に行って木廃材をあさります、トミカの走行台を作るといっても私はスーパーが頭に付くくらい不器用ですので、至って単純なものしか作れません。設計図なんていりませんよ。そもそも描けませんしね。

脳内イメージを元に作業を開始します。長方形の板に、傾斜をつけるための足を付けます、その足もポン付けです床面と平行になるように切るなんてしません、できません。

使った(拾った)材料

長方形の板1枚、ある程度厚みのある端材1枚、釘3本

板に走行台らしく油性マジックでコースを書きます。板側面は紙やすりをかけて怪我しないようにしておきます。

作業時間10分 材料費0円 必要なもの”息子への愛”

完成品がこちら

一番下の写真非常にわかりずらいですが、右側に向かって傾いています。コースも線を引いているだけなので、端っこで走らせるとコースアウトして台から落下します。コースごと仕切りを作ってあげたり、道路みたいに色付けしてあげたりと改良の余地は十分ありそうですが、とりあえずこれで息子に提供します。彼が喜んでくれることを願います。

買うと何千円もするトミカのコース台がわずか10分で作ることができました。我が家はたまたま廃材があったので費用は掛かりませんでしたが、ホームセンターに行けば端材が投げ売られていることがありますので、それを使えば格安で作ることができます。子供の成長は早く、飽きるのも早いです。時間をかけてあれこれ悩んでから買ってあげるより、お金を掛けずレスポンス良くニーズにこたえてあげる方が子供は喜ぶような気がします。トミカ好きのお子さんをお持ちの方はDIYでコースを作ってみてはいかがでしょう。