頸椎椎間板ヘルニアの主な症状と原因

先日頸椎椎間板ヘルニアになっちゃいました、お薬のおかげで痛みはなくなりましたが、原因やメカニズムを知らないとまた同じことを繰り返しかねないので、ちょっと調べてみました。早期発見や再発予防に繋げられればいいかなと思っています。

<そもそも椎間板って何?>

今川焼に似ています・・内側の髄核(以下あんこ)とそれを包む外側の線維輪(以下皮)からなり、上下の椎体を連結する。運動や荷重によって変形し、衝撃を吸収するクッションとして働く。

 

<椎間板ヘルニアのメカニズム>

あんこが飛び出て神経を圧迫する疾患、椎間板の退行性変性(皮の水分がなくなって固くなる)を基盤として力学的負荷(外から力が加わって皮が破れる)が加わることで発生する。腰部次いで頸部に発生しやすく、胸部での発症は少ない

 

<頸椎椎間板ヘルニアの特徴>

好発の対象:30~50歳代男性

症状:首の後ろ側の痛み、片側のみの激しい肩こり、手指の痺れ、細かな作業ができなくなる、四肢の感覚障害、歩行障害、排泄障害

原因:遺伝、加齢、タバコ、猫背、スマホ首など

治療:頸椎だけでなく椎間板ヘルニアは、時間が経過するにしたがって自然退縮することもあるので、まず保存療法を行う。

  • 薬物療法(NSAIDs、プレガバリンなど)
  • 物理療法(温熱療法、牽引療法など)
  • 固定療法(カラー、コルセット)の

保存療法で効き目がない場合に手術療法を行う。

  • 前方除圧固定術
  • 内視鏡下椎間板切除術(MED)

*急激に歩行障害や膀胱直腸障害などが発生する場合には早急に手術療法を検討する必要があります。

頸椎椎間板ヘルニアをただの首や肩の痛みと侮ってはいけません、放っておいて症状が進むと歩けなくなってしまいます。その長引く肩こりの原因は頸椎椎間板ヘルニアかもしれませんよ、ただの肩こりかそうじゃないかは整形外科に受診すればすぐにわかります、自分の体を労わって健康に過ごしましょう。

参考「病気がみえる11運動器・整形外科」