プロパンガスを比較!「ガス屋の窓口」で年15000円節約

プロパンガスの料金が高過ぎる!!

毎年寒くなってくると、お湯を使う機会が増えて毎月のガス代がべらぼうに高くなります。月12000円って高くないですか?家族4人で子供まだ小さいんですけど、普通なの?どうなの?隣の家に聞きに行くことができればいいのにって思います。とにかく冬場のガス代はかなり家計を圧迫しています。

台所の管理人(妻)「は?IH?火力弱すぎて話になりませんわ、料理といえばガスよ!ガスじゃなきゃヤダ!」

私「御意!仰せのままに(ガス代高いんだよなトホホ)」

というわけで太陽光発電を導入して、オール電化作戦は管理人の気が変わるまでお預けとなっています。家の中で使用するエネルギーが電気だけだと災害が起きた時や電気系統の故障が起きた時にリスクヘッジができないので、防災の観点からもプロパンガスと電気の二刀流でしばらく行こうかと思います。プロパンガスはボンベを交換するだけで使用できるので復旧の速さでもメリットがあります。

親が2年前にガス料金の見直しでガス会社を変更していましたが、自分で調べてもう一度見直しをしたいと思います。お小遣いサイトモッピーを経由してガス屋の窓口に問い合わせしました。ガス屋の窓口とは全国のプロパンガス業者を比較してくれる仲介業者で、ガス屋の切り替えや値段交渉を代理でやってくれる素敵な会社です。まず必要事項を入力して連絡を待ちます、早くも翌日にガス屋の窓口から連絡ありました。

ガス屋の窓口「ガス会社の変更より今のところに単価の値下げ交渉をしても安くなります。現状基本料金1500円単価415円ですので標準価格の330円に値下げするよう連絡します。そうしますと月々約1500円位安くなる計算です。後日値下げした旨の連絡がご契約のガス会社からあると思います、手続きはそれで終了です」

私「わかりました、よろしくおねがいします( ・・・・・えっ・・・そんなに簡単なの? 交渉って言うより強制?ガス屋の窓口って何者?)」

おそらくですが、それくらいの単価にしてもガス会社として十分利益を確保している、でなければ会社潰れちゃいますからね。仲介業者もガス業界の内情は十分わかっているはずなので当然原価は知っているのでしょう。多少は減るものの利益を乗せた上での単価を提示してきたと考えるのが妥当でしょう。つまり、今までガス屋はかなり吹っ掛けた値で、ガス代を我が家から徴収していたということです。どんだけ儲けてんだよ。

無知は罪だとしみじみ感じます。インターネットが普及してそこらじゅうに情報は溢れていますが、消費者が得をするような情報は自分から得ようと思わなければ手に入りません。だってガス代高いとはいえ一杯使ってるからしょうがないって思っていたり、値下げ交渉の余地があるなんて想像もできなかったですよ。情報弱者は搾取され続けてしまいます、今まで当たり前と思っていたことに疑問を持つことで、自分の小さな世界の常識がガラッと変わるかもしれません。

関連記事です>>>給湯器の比較で思わぬ副産物、ガス屋と交渉するとガス代が安くなる

>>>お小遣いサイトを利用して楽天市場の買い物を少しお得にしよう