ディズニー英語システムは家庭でできるコスパに優れた英語教育

皆さんはディズニー英語システムという、乳幼児から始められる英語教材をご存知でしょうか?

営業のお姉さん曰く、「英語を始めるなら早ければ早いほどいいです。3歳くらいまでに始められれば、母国語として英語を身につけることができる、簡単に言うと英語で考え英語で話すことが自然にできるようになります。忙しいときは、ディズニー英語システム教材のDVDを見せておくだけでもいいですし、慣れてくれば子供たち自ら教材を使い、遊びを通じて英語を学んでいきます。教室に通う手間がなく、自宅で英語を学べる環境があるので毎日英語に触れることができます、英語に接する時間に比例して、効果が高まるデータもあります。1セット購入すれば兄弟みんな使えるので、使う人数が増えるほど教室に通わせるより安く済みます。」

確かに標準的な英語教室の月謝が5000円、二人目半額2500円だとして年間9万円掛かります。50万円の教材を買ったとしても,約5年半で元が取れる計算です。私たち夫婦は全く英語はできません、親ができないことを子供ができるようになってくれるのはとても嬉しいし、受験の必須科目である英語に苦労しなくてよくなるのはいいことだと思います。なにより英語が人生の選択肢を増やすきっかけになってくれれば、それはそれは親冥利に尽きるってものじゃありませんか。

だけどね・・・わが子たちは確かに今はミッキーマウスが好きだけど、子供って好奇心旺盛過ぎてなんでもすぐ飽きてしまいます。100均のおもちゃならいざ知らず、ミッキー自体に興味がなくなったら初期投資額が大きい分ショックも大きいです。子供を飽きさせないようにおしゃべりするペン、人形、カード、ブロックなど様々な教材が入っていますが、子供が使えるようになるまでしばらくは親が気づきを与えつつ一緒に遊んであげないと、使いこなすのは難しいと思われます。教材のステップアップも子供の様子を見て、親が行う必要がある。子供の理解度を親が把握して、それに見合った教材を使わせてあげないと、簡単過ぎたり難し過ぎたりして逆に興味を失いかねません。さらにわが子たちは一つのことにこだわる傾向があって、同じおもちゃを使い続けたり同じアニメの回を永遠と見ていることが多いのです。これは英語教材にも当てはまりそうでとても不安です。英語教材持ってる人に話を伺うと 「なんか買って満足しちゃって最初は物珍しくて使ってたけど結局あまり使わず押入れの中に入ってる」とのことです。

子供は遊んでいれば英語が身につくかもしれませんが、子供を仕向け一緒に遊ぶ、テレビはディズニー漬けにするなど、親の継続した努力がないと続けていくことは難しいと感じました。まあね、そんなほったらかしで英語ペラペラになるんだったら、今頃日本人はみんなバイリンガルになってますよ。子供の教育費は聖域という家庭もあるかもしれませんが、我が家の収入ではそうもいかず、習い事もしっかり吟味する必要があります。まだ考え中なんですが・・・でも上の子早くしないと3歳なっちゃうよ(焦)